電子工作

今回は、Transient Response of an RL Circuitのページを勉強していきたいと思います。RL回路は一次遅れ系なのでMATLABでシミュレーションでもしながら進めてみたいと思います。実験結果はWikiのページとほとんど変わらなかったため記載は省略させていただきます。必要に応じて実験風景や画像等を載せていきたいと思っています。 RL回路の基礎 RL回路の電流の伝達関数を求める 時定数は式(1)で求めることができる。 RL回路は電圧の応答が一次遅れ系であることがわかっている ...

電子工作

この記事は、ADALM2000で勉強をしてみる その4です。前回同様、ADALM2000を使用する話が全然出てこなかったためタイトルはやっていることにしました。 前回電圧に対しての応答は見ましたが電流に対しての応答が見ることができなかったので、今回は電流に関しての伝達関数を求めてシミュレーションを行うということを書いていきたいと思います。 前回の記事はこちら 電流の伝達関数を求める 使用する式の紹介 初めに、このあとの式の導出で使用する公式について書いていきたいと思います。コンデンサの電荷の公式 ...

電子工作

この記事は、ADALM2000で勉強をしてみる その3です。ADALM2000の話がほとんど出てこなかったためタイトルはやっていることにしました。 今回は、Transient Response of an RC Circuitのページを勉強していきたいと思います。RC回路は一次遅れ系なのでMATLABでシミュレーションでもしながら進めてみたいと思います。マイクロマウス競技の参加者には、スポンサーのMathWorksからMATLABの無償スポンサーライセンスをいただいているのでSimulinkの練 ...

電子工作

今回からはADALM2000とADALP2000を使用した電子回路の勉強を始めていきたいと思います。Wikiのページは英語なので日本語に訳したりマイクロマウス競技ではこういうところで使うみたいな話を書いていこうと思います。参考ページはADALM2000 Based Lab Activity Material, Electronics I and IIで、基本的にこれに沿って勉強をしていきます! 有識者の方で、記事の中で間違いやグレーなゾーン等があった場合、指摘をしていただければと思います。どうぞ ...

開発環境

こんにちは。先日の学生大会の景品としていただいたADALM2000, ADALP2000で電子回路の勉強をしてみました。アナログデバイセズさんに教えていいただいた情報の載っているWebページ(wiki)のすべて英語だったので、ここで日本語で説明を書いたり、結果からの考察等をつらつらと書いていきたいと思います。 基本的にADALM2000 for End Usersを見ながら進めていきたいと思います!私の開発環境がWindows10を使用しているのでWindows10ベースで書いていきます。 今回 ...

マイクロマウス

マイクロマウスの電子工作で使用している工具、本などの紹介の2回目になります。今回は、私が工作に使用している工具の紹介をしていきたいと思います。前回紹介ができなかったニッパやペンチといった工作にも電子工作にも使う工具の紹介もしていきたいと思います。 ↑前回の記事   電子工作に使用する工具類 配線を切ったり、圧着をしたりするのに使用する部品を紹介していきたいと思います。 ニッパ 電子工作でも工作でも使用しますが、刃がだめになってしまうと使い物にならなくなってしまう工具なので、電子工作用/ ...

マイクロマウス

こんにちは。先日、Twitterで以下のようなアンケートを取った結果を踏まえて書くことにしました。 使っている工具や勉強に使用している本などの紹介記事って需要あるのかな? 質問です! — そら (@sora_siro1) July 24, 2019 今回は、使用している工具などの紹介をしていきたいと思います。私個人の考えとしては、工具などはできるだけよいものを購入して作業効率を上げることこそ良いことだと思っているため全般的に値段が少し高いかもしれないです。ただ、高いものは壊れづらいことや、だめに ...